TOP 活動内容 Lesson >スポーツ選手、ダンサーのためのリズムワークショップ

shutterstock_1074338801.jpg

ゴルファー・アスリートの為

のリズムトレーニング

◯緊張すると体が固まってしまう

◯プレッシャーがかかるとコントロールが上手くいかない

◯試合中に冷静な判断が出来ない時がある

◯怪我をしやすい

◯プレー中やパフォーマンス中に、呼吸を止めて力んでしまうことがある

◯よく「力を抜いて」と言われるが、どうやったら力が抜けるか判らない

◯慌てやすい

◯相手にリードされると、心が落ち着かない

◯いつの間にか、つい力んでしまう

こんな悩みをお持ちの方におススメです。

筋伸縮のタイミングをコントロールするためのリズムトレーニングです。
全ての「動作」は空間と時間を使って行います。

Sakura考案の「プリクタ」を理解した上で、

オリジナル音楽に合わせてトレーニングを行います。
*プリクタとは、全ての動作は4つのシーンから成るという
基本原則に基づき、それぞれの状態の頭文字をとったもの。

動作に適したリズムと音程を付けて、

見える化、聞こえる化した音楽を動作アシスト音楽と呼び
リズムを体得することで、動作の再現性を高めることができる

 

 

 

 

 

 

Jumping Dancer
starisを実行しています
女性アスリート
あなたのマークに
Group of Road Bikers
ケトルボールをリフティング筋肉マン
Diving Board
doc20200715201516_001.jpg
doc20200715202256_001.jpg
doc20200715201516_001.jpg