事業内容

© 2017 Sakuraのリズム畑

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちら↓

お電話でもお気軽にお問い合わせください(担当:佐藤)

TOP > リズム理論

リズム理論

November 4, 2018

親友と久しぶりに会って

ゆっくり食事をしながら近況を伝え合った。

彼女は写真家で

最近では県外でのカメラの講習

学生に対して講演をする機会も増えてきたという。

講演の際、彼女が学生に伝えたい事は

「失敗をすることの大事さ」だと言う。

彼女から「周りの様に巧くいかなくていいよ
あなたらしく失敗しなさい」


この言葉をもらった。

「自分らしく失敗」するということは

苦手な事、弱点をさらけ出すということでもあるし

出来ないことにチャレンジした証だと思う。


私も、失敗の繰り返しで
時には、失敗した事すら気づいていない事もある。


人に気づかせてもらいながら

もっ...

November 3, 2018

最近、ゴルフを始めました。

まだ数回打ちっ放しに行った程度ですが、

リズムの観点からアプローチした練習方法と
感じたこと、発見したことを
書き留めておこうと思います。

ゴルフ経験者の中では有名なフレーズ

「ターンターンメーンのリズムで打つんだよ」

これについて、私なりに詳しく分析して見ました

一つ目の「ターン」と二つ目の「ターン」の長さは不平等ですし、
二つ目の「ターン」と「メーン」の間には解りにくいけど若干の間があるように感じたからです。

私はリズムとは身体を運ぶ乗り物であり、
出したい結果を出す為の、動作のレシピだと考えています。

同じ...

November 3, 2018


今日は、心地よいリズムを奏でるために

必要なことについて考えてみたいと思います。

以前、「リズム」とは「音の模様」です。

とお伝えしました。


「模様」と言うからには、規則性があります。
その規則性云々を考える前に、

「音」がちゃんとしているかどうか?
この事についてしっかり考えていきたいと思います。

*ここではDTMによる音は予備動作がない為、言及しません。

そもそも「音」をちゃんとするとはどういうことでしょうか?
 


生身の人間が演奏して発する「音」あるいは、地球上に自然発生するあらゆる「音」には
「原因」となる予備動作や、風、重力...

Please reload