事業内容

© 2017 Sakuraのリズム畑

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちら↓

お電話でもお気軽にお問い合わせください(担当:佐藤)

学校公演

学校公演ビデオをご覧いただく前に

2018年 学校公演ビデオ

色褪せない感動体験!!
「リズム感を鍛えると夢が叶う!?ラテンコンサート」

 

 リズムというのは、私達が「ビート」と呼んでいる瞬間に向けて、準備と着地を繰り返しています。学校生活では「卒業」という瞬間に向けて、一年の着地点が3回あり、その為の小さな1日のサイクルが回っています。

ほっといてもやって来る「着地」の瞬間に、必要な準備が全て整っていれば、目標は達成出来ているし、もし、その「目標」が「志望校に合格する事」であれば、合格できている という事なのです。

人生にまぐれはなく、失敗する時は大抵準備不足による時間切れなのです。


生徒さんがそれに気がついて、自分の着地はどこなのか、期限はいつなのかを意識すれば、自然と「「生活のリズム」が整います。
「リズム感」というのは、「自分に与えられた時間をスケジューリングする能力」のこと。
そのような意識付けができれば、

今を変えて行く原動力が生まれ、子ども達が夢を叶える事に繋がると考えています。

また、自分のチカラを最大限に引き出す為には、脱力する事が大事だといわれています。

脱力を促すリズムに乗せて体を揺らす事によって、若いうちから脱力をコントロールを身に付け、音楽だけではなく、スポーツ、勉学で自分のチカラを発揮出来る様になると考えられます。

■ 演奏例 ■

日本のポップスを全て本格的なラテンアレンジで演奏

体を使って参加し、リズムを捉える体験型の音楽鑑賞会です。

 

1、ラバンバ

2、やってみよう(WANIMA)

3、ひまわりの約束(映画STAND MY ME ドラえもん)

4、恋(星野 源)

5、~脱力体操~

6、校歌ラテンアレンジ 

7、あんたば待っとうとよ!

誰もが知ってる曲をラテンアレンジしてノリノリに仕上げます。

体を使って参加し、リズムを捉える体験型の音楽鑑賞会です。

■ 演奏例 ■

ラテンの名曲、グラミー賞受賞曲などを中心に

本場で人気のラテンの音楽をスペイン語で演奏するプログラムです。

 

1、ラバンバ

2、Bailando

3、Volare

4、Besame Mucho

5、~脱力体操~

6、校歌ラテンアレンジ 

7、Onda Onda

8、Micaela

現代音楽とその生まれた歴史を学ぼう!

「異なる物との出会いは、世の中を変える!」

 

現代音楽とその生まれた歴史を学ぼう!

「異なる物との出会いは、世の中を変える!」

 

植民地時代に起きた、ダイナミックな人の移住は

かつて無い程の大きな文化の交流を引き起しました。
 

思想や、食文化は勿論、その影響は私達が普段耳にする音楽の

ほとんどに及んでいます。


未だに、人種差別が色濃く残る地域もありますが、

互いに心を開き、認め合うと、素晴らしいアイデアや、発明が生まれます。

アフリカの音楽とヨーロッパの音楽が出会って

どの様に、ジャズ、ブルース、ロック、ゴスペル、サルサ、サンバ、などが生まれたのか?

歴史にも触れながら、音楽を実演し、

楽しみながら、自分と意見や価値観の違う他者を認め合う事を学んでもらうプログラムです。

■ 演奏例 ■

ラテンの名曲、グラミー賞受賞曲などを中心に

本場で人気のラテンの音楽をスペイン語で演奏するプログラムです。

 

1、Obatala(基本のアフリカのリズム)

2、アフリカリズム+マーチ=ジャズ

3、アフリカリズム+ロック=ブルース

4、アフリカリズム+賛美歌=ゴスペル

5、アフリカリズム+フラメンコ=サルサ

6、校歌で世界のリズムメドレー  

7、アフリカリズム+ポルトガル音楽=サンバ

今から世界史を学ぶ学年、既に学んだ学年におススメ。

学習中心のプログラムです。