リズムってなあに?

みなさんの身近なもので言うと

格子、ストライプ、水玉など、

いわゆる「模様」と呼ばれているものには、 ある周期で「パターン」が繰り返されているという事を見つける事ができます。 音も同じ様に、この「パターン」が繰り返されているな、と思ったら、 それがリズムです。

そして、そのパターンを見つけられる感覚の事をリズム感と呼ぶ事が、あります。 簡単に言うと、「音で出来ている模様」がリズム。 と、言う事は、音が不規則に並んでいるだけでは、「リズム」とは呼ばないのです。 おなじパターンが繰り返されると、流れるプールの様に、体の中に対流が起こります。その対流に身を委ねると、体が動きだし、これを「ダンス」と呼ぶらしいのです。リズムの語尾が少し変化したり、頭にオマケが着いたりしても、そのリズムが作り出すうねりのベクトルの中に収まっています。 ところが、うねりのベクトルが変わると、対流の流れが変わるため、 人は、「リズムが変わった!」と認識する様です。 次回はうねりのベクトルについてお話しますね 今日も心をカパーッと!開いて 刺激的な一日をお過ごしください♪